アイラインに入れる


アートメイクで、眉の次に一般的だといわれているのがアイラインです。眉と同様、アイラインも、年配の人などを中心にナチュラルに整えておきたいところとしてあげられます。また、メイクが上手じゃない、と思っている人の中には、どうしてもアイラインが落ちて目の周りが真っ黒になってしまう気がして気になる、という人もいますし、コンタクトレンズをしているのでアイラインを引くことができない、と思っている人もいます。

花粉症で目がかゆくなり、アイメイクをすることができない、という人もいますので、こういう人にとっても、ナチュラルにアイラインが入っている、ということは重要なポイントになるようです。そのため、眉と同様アイラインもアートメイクで入れておきたい、と望む人が多いのです。

全体に入れなくても、目尻などのポイントにちょっと入れてみると、目を大きく見せることができたり、魅力的な目を演出することができたりします。また、まつげが少なかったり短かったりする人は、やはり目の周りの貧弱さが気になる、という人もいます。こういう人にとっても、足りない部分を埋めてくれるような役割を果たしてくれるアートメイクは、欠かせないものとして取り入れてみたい施術になっているようです。

花粉症の人などは、激しいかゆみなどで、メイクをする余裕もない、という人が多いのですが、そういう人にとっては、ナチュラルにアイラインが入っている、というだけで、ノーメイクのような感じがなく、自然と魅力的な目を演出できると好評です。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ どんな歴史があるの?
★ どこに入れるの?
★ 心配されること
★ 消したい時はどうするの?


Copyright (C) 2008 アートメイク解説NAVI All Rights Reserved.