眉に入れる


アートメイクはどのような施術であるかということがわかったところで、実際にどこにそのように施術を施していくのか、どのような部分への施術が求められているのか、ということを確認してみましょう。アートメイクで一番一般的とされている施術が眉への施術です。眉は、古来の中国でも薄いのは不幸であると言われたように、顔の表情を作るうえでも大切な働きをしている部分です。適度にカットしていても、書き足されていないノーメイクの眉には物足りなさが出てしまうことが多く、この部分がある程度ナチュラルにでも描かれていると、メイクをしていなくても顔を美しく見せてくれる働きがあります。

ですから、素顔でいるときにも美しく見せてくれるポイントになる眉へのアートメイクは、やはり一番人気があるのです。温泉やジムなどでも、この部分だけしっかりしていると安心、という人も多いようです。ただし、のっぺりと塗ってしまったような感じに仕上がるのはいやだ、という不安の声を持つ人もいます。できるだけナチュラルで、自分の本物の眉毛のようでありたい、というのが誰もが思うことでしょう。

こうした要望にこたえるためにも、最近のアートメイクで眉を整える場合には、1本1本を立体的に見せる技術や、1本1本描きたすように色を入れていく技術なども発達しています。やはり、技術は日々進歩していますので、施術の実例などを見ながらどこで施術を受けるか考えるといいでしょう。色も自分の眉毛に合わせて数種類の色の中からナチュラルなものを選ぶことができます。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ どんな歴史があるの?
★ どこに入れるの?
★ 心配されること
★ 消したい時はどうするの?


Copyright (C) 2008 アートメイク解説NAVI All Rights Reserved.