どんな歴史があるの?


アートメイクの起源をたどるまえに、中国の長い歴史の中で、眉毛などがどう扱われてきたかを認識しておきましょう。中国では古来から、眉の薄い女性は不幸になる、と言われてきており、運勢を保つためにも、女性は墨などを使って眉毛を濃くしようとしたそうです。運勢を落としたくないので、眉毛の色が落ちないように、とさまざまな工夫をしたといわれています。こうした古来からの風習が根付き、染色をしよう、と考えたことが、アートメイクの起源ではないかといわれています。

こうしたアートメイクの技術は、3000年前から中国では考えられてきたと言われていますが、それがやがて大陸から台湾へと伝わっていきました。さらに、台湾を訪れていたアメリカ人がその方法を学び、技術を習得し、母国に持ち帰ってさらなる研究を重ねて、現在のアートメイクにかなり近いものを作り上げたと言われています。

こうした研究の積み重ねの中で、その染色に使われる色素などについても研究は続けられ、現在のような天然の色素を使った染色、という方法に行き着いたといわれているのです。現在では、単に美容の施術というだけではなく、医療補助の技術としても発展し、利用できるようになってきました。アートメイクは、単なる美容の施術だけではなく、現在では欠かせない医療技術の一つとして重宝されている、という施術でもあるのです。長年の研究の積み重ねの中で、数年はもち、痛みのない施術が定着してきた、ということです。


スポンサードリンク

当サイト人気コンテンツ

★ どこに入れるのが良いの?
★ 心配されること
★ 消したい時はどうするの?


Copyright (C) 2008 アートメイク解説NAVI All Rights Reserved.
 [PR]  シンガポールドル FX システムトレード オーストラリアドル 豪ドル